2017 . 07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017 . 09
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
House Of Wax 
こんにちは、既にリレーと言うより僕とリーダーのみの
ブログと化していますがまぁ気にしないでください。

もう既にリーダーも書いていますし、一般にもポール・ファン
には待ち遠しいプロモ集DVDが発売されますね。



このDVD、ヴォリュームたっぷりの3枚組です。
レアなものについては既にリーダーが書いてくれてるので
割愛しますが、やはりマスター・クオリティでポールの
ユーモラスなプロモを観れると言うのは良いものです。

ユーモラスと言えば、少し前になりましたが、ポールの新作
『メモリー・オールモスト・フル』の先行シングルだった
「ダンス・トゥナイト」も非常に可愛くて少し奇妙なビデオで
センス良かったですね。
アメリカでの先行シングルだった「エバー・プレゼント・パスト」も
まるでYukiの「JOY」プロモ並み?に振り付けが付いていました。
ポールは色んな意味で意欲的ですね。


「Ever Present Past」 PV


と言う訳でついでにYukiタソの「JOY」PVもどうぞ(笑)
この方も年齢をまるで感じさせないですねぇ。
何かエレポップ調な所も共通点な気がしてきた・・・。


あ、因みに新作からの映像は入ってないのです、残念・・・。

そんなこんなでポールのDVDが待ち遠しいのですが、
そんな前哨がてらこんな映像を見つけてきました。


「Ever Present Past」 Acoustic Version

これは「エバー・プレゼント・パスト」を弾き語りしてますねぇ。
比較的エレポップ風味なアレンジが施されているこの曲も、
こうやって聴くとしっかりとコードを鳴らして作曲してるんだなって
改めて思いますね。後半はコード自体がアドリブっぽくなりますが。。


「Feet In The Clouds」 Acoustic Version
こちらは「フィート・イン・ザ・クラウズ」個人的に新作で一番お気に入りです。
こちらはアルバム版でもアコースティックな響きを生かしているので
シンプルに一人で演奏していると言う感じですね。

どちらにも言えるのが、コードの展開はそれほど多くないし、
小難しいコードを使っているわけでもないので結構骨太な
感じなんですよね。ここがポイントで、こういうシンプルな曲を
骨太にしあげつつも決して泥臭くなったりせずに覚え易い歌メロを
乗せてしまうのがポールの凄いところだと思います。
「エヴリー・ナイト」から続く伝統芸と言った所でしょうか。

何だかやっぱりポールのメロディが自分の隙間に素直に入り込んでくる
ジョン担当の太佑がお送りいたしました。

最後に60半ばを過ぎたジジイがブチ切れモードで歌い上げる
「ハウス・オブ・ザ・ワックス」のライブ映像をどうぞ。
日本にもきっと来てね、ポール☆


「House of Wax」 Live at London '07

しかし、今のバンドのギタリスト、やっぱライブだとイマイチだなぁ・・。
ハードに弾き倒してる割にあんまし弾けて無い気が。
ナチュラルの335はいい感じなんですがね。。
 
おお~!こんなンあったんだぁ。う~ん。やっぱすごいなポールって。簡単そうにやってるけどこんな風に誰も曲を作れないっていうのを見せつけられます。

「Ever Present Past」はアレンジものだとは思っていましたがこうやって弾き語られるとすごいね。こんな循環コードみたいなのにあんなメロが乗るんだね。ホントざっくりとしたコードにメロデイ乗せるのはすさまじいセンスですな。コードの響きで曲を作るのは結構皆出来るけど普通のコードにこれだけのメロディを乗せられるのが天才なんでしょうな。

このクリップも可愛いね。60過ぎてもこんなにチャーミングなポールはやっぱり素敵!来年は是非フローズン・ジャポンにいらして頂きたいです。



 
こんなンあったんだよ~。

他にも「ヴィンテージ・クローズ」とかもやってるよ。
でもマーチンD-28をガシガシ弾いて歌って曲を作る。
これがポールの基本なんだなと改めて思い知らされ、また、
作曲とはコードの奇妙さや難しい展開だけではないのだと
改めて感心すると共に、凡人には遠い地平だなと感じるのですね。

ふと思ったのですが、こう言うのが素晴しいと思う一方、ポールがお得意
だったモダンなマイナー・コード使いで洒落た感じのクールさで迫る曲も
また聴きたいなぁーなんて贅沢も思ってしまいます。
「ディストラクションズ」「サムバディ・フー・ケアーズ」「フットプリンツ」「ブルー・バード」
みたいに、感情が殺されていて、淡々とクールに綴るポール的世界にも
弱いのだよね~。特に「ディストラクションズ」はたまらんね~。
 
ポール若いね
メタボとは全く無縁っぽい感じだすな。
 
あ、名前がきれてた
 
おぉ~、とみっちさん☆

お元気ですか?なんか引越しされたみたいですね。
少し近くなったのではないでしょうか?
素敵なスポーツ・カーも持ってるとみっちさんに
ドライブ連れて行ってもらいたいです~(笑)

いや、僕の車最近色んな所壊れて調子悪いんですよ。
それに車好きとしてとみっちさんの車は是非観て見たい車種です。

確かにポールは60代後半じゃないですよね。
きっとジョージとジョンの分まで全うしてくれますよ(笑)。

ちょっと次回ライブはまだ先になりそうなんで、また機会が
有れば啓犬氏なんかも混ぜてオフりましょう。

そいでは~。

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://waterlane.blog102.fc2.com/tb.php/44-eea92aca

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。