2017 . 05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017 . 07
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何だかんだ言って、好きなんだろ~? 
yanger than yesterday

長らく更新おサボリしてました、コリンゴ☆です!

引越しも終わり、ほっとしたところで疲れが出てきちゃったのか、お肌はボロボロ、挙句の果てにお熱まで出てきちゃって、
全くもってまいっちんぐマチコ先生です。(←だから古いってば!)

そんなこんなでここ2週間ばかしヲタレン練習もお休みしてしまい、いわずもがな、休み明けの練習で、鬼教官2人の折檻を1時間ずつ受け、ビーヲタ界の厳しさを再認識したコリンゴ☆なのであります。

もはやリレーに乗り遅れまくっておりますが、アテネオリンピックでバンデルレイ・デリマ選手に襲いかかった暴漢のごとく「12弦ギターと60年代」のお題、横入りで遅ればせながら
いっちょいきまっせ。

難しいお話はアタクシには良くわからないけれども、
そんなミジンコレベルの私にも分かっていることがあるのです。それは!12弦ギターって60年代には、色んなミュージシャンに使われたようだけれども、『何だかんだ言って、結局ビートルズ以上にキャッチーでポップなのって見つからないのよねぇ~』ってことです。

ダイスケ先生がおっしゃっているように、「イフアイニーデッドサムワン」はとっても“Byrds”っぽいのダスが、バーズのどの曲よりもキャッチーだと思うのはアタクシだけかしらん?

“Byrds”はある種通るべき修行の道だと思って、アルバム揃えて、「好きなバンド:Beatles、The Kinks、The Byrds」なんつってプロフィールの3番目くらいに書いちゃったりすることもあるんだけれど、若干頑張って聴いてたとこがあったのよね。確かにステキな曲もいっぱいあって、特にディランの曲なんて、Byrds のカヴァーによって、
「コノ曲ってば、こんな良い曲だったんだぁ~!?」もしくは
「コノ曲って、ディランの曲なんだぁ~!?」もしくは
「デヴィッド・クロスビーだけなんでいつも変な格好してんだろ~…」
なんつって再認識する人も少なくないと思います。

04.jpg



因みにコリンゴ☆が一番好きな“Byrds”のアルバムは、「昨日より若く」。タイトルも、今流行りの“アンチエイジング”みたいでステキよね☆特に2曲目の「Have you seen her face」は私の一押しムネキュンメロディーです。

でも、ぶっちゃけ“Byrds”って「ミスター・タンブリン・マン 」とか「ターン ターン ターン」くらいしか、曲調をはっきりと思い出せないなんつって思ってる人結構いると思うんダスよね~。全体的に悪くはないんだけど、なんか「ボヤ~」っと煙に巻かれた感じで(まぁそれがサイケなんだけども…)、何度聴いても覚え切れないメロディーが特徴なのよね。

え?「私はそんなことない!それはコリンゴの記憶力の問題だぞ!」って?隠してもダメYO!コリンゴにはちゃ~んと分かってるんだから!
『何だかんだ言って、キミもビートルズが好きなんだろ?え?どうなんだい?』

時代を先取りして、誰よりも実験的な音楽をやってるのに、摩訶不思議でも何だか一発で覚えられちゃうようなメロディーを作っちゃうビートルズってやっぱしスゴイって思っちゃう。

こんな締めはお嫌いですか?

さてさて、鬼教官達より次々課題が与えられておりますが、
今後も負けないように頑張ります!では、また近々お会いしましょ~

アイ☆コリンゴ

皆様お久しゅうございます 
気候も夏っぽくなってきて、いよいよビーチボーイズの似合うシーズンです。

ワタクシも遥かな昔にバーズのアルバムは制覇したんですが、難しいことは全くわかりましぇーん。
持ってても「ロデオの恋人」以降は記憶がないんです。
一番好きなのは「名うてのバード兄弟」なんですが、その中でも特に「get to you」が好きなんダス。
無意識にこんな感じの曲にトキメクのはガキの頃から染み付いたサガなんだと思っとります。
ゲイリー・アッシャーがプロデュースしてるし

ちなみに今スカパーで、まいっちんぐマチコ先生絶賛放映中です(もう終わってたりして)。
結局これが言いたかったんス
お久しぶりです! 
そうですな~。ビーチボーイズな季節ですなぁ~。
しかし、ワタクシの好きなビーチボーイズは何だか夏というよりは秋の匂いがするのは気のせい?もしくは過ぎ去りし夏って感じかな?

「名うてのバード兄弟」だすか~。渋いダスね~。
もう何年も聴いていませんが、そっか、ソフトロック界の巨匠?
ゲイリー・アッシャーさんプロデュースだったのですね。流石とみっちさんダス。
デヴィッド・クロスビーも、とうとう馬になっちゃってるアルバムだし、
もっかいじっくり聴いてみたくなりました。

まいちんぐマチコ先生も、もっかいじっくり見てみたくなりました!

『名うて~』はソフトロッカーの名盤なり~ 
とみっちさん、こんばんは。
アナログ盤は上手くデジタル化出来ましたか?
またいつでもご相談下さいね。

僕もバーズなら一枚と言うと『名うて』ですかねぇ。
賛否あった「Goin' On」が僕はありって感じダス。
でも曲以上にゲイリー・アッシャーのきらびやかな
プロデュースに持っていかれますなぁ。
曲的にはコリンゴちゃんイチオシの『昨日より若く』の方が
サイケポップな風情でわかり易く僕も感じますなぁ。

まぁここらはカート・ベッチャーヲタで、宅録でその世界を
再現しようとして一時宅録嫌いになったうちのリーダーにも
一言聞いてみたいものですなぁ。
リーダーはクロスビーが好きだって言ってたし。

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://waterlane.blog102.fc2.com/tb.php/22-4df97384

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。