2017 . 09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017 . 11
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
追憶の彼方に何を追いやったのか? 
「特にスタバで聴く用のカフェ・ミュージックではないようで・・・」

『追憶の彼方に ~Memory Almost Full~』 by Paul McCartney

お次は太佑がファーストインプレッションを書いてみようかと思います。



さくっとした全体像はリーダーの書いてくれた通りで、結構ざらついた音像で、それがモダンな雰囲気に一役買っていますね。僕はデビッド・カーンというプロデューサーについては詳しくないのですが、同プロデューサーが担当した前々作『ドライビング・レイン』辺りはかなり当時の米オルタナ・シーンを意識したようなアレンジ、音作りが目立ちました。近作はそれよりは多少ソフトに仕上げてますが、結構普通に音がオーバーロードしてノイズが入っています。意図的なのかとは思うのですが、デジタル特有のオーバーロード・ノイズみたいなのも入っているように感じてそれは聴き易いとは言えないかもしれないです・・・。

一聴した感想なのですが、ポールらしく雑然と曲が並んでいるように感じます。とっちらかり感とでも言いましょうか。でも明らかに2つのセクションから成り立っているように感じます。ひとつはポールが一人で全て楽器を担当した楽曲と、もう一つは近年のツアーバンドと演奏した楽曲達です。

どちらかと言えばバンドで演奏している楽曲のほうがハードなアプローチが多く、一人で演奏している楽曲は米シングルにもなった「エバー・プレゼント・パスト」のようなポップで宅録ライクな楽曲が多いですね。特にこの曲と言うのは無いのですが、バンドのほうはウイングスの現代版的なアプローチにも聴こえたりします。

当初、スターバックス・レーベルから発売される事も含めて、近年定番ジャンルと言っても良い所謂「カフェ・ミュージック」的な軽いタッチの仕上がりになるだとか、『マッカートニー』『マッカートニーⅡ』のような一人宅録感の強いアルバムになるとか言われていましたが、聴いてみた限りでは、特に宅録だけでもなく、カフェ・ミュージック的な曲と言えるのも強いて言えば1曲目「ダンス・トゥナイト」くらいな物で、中盤からヘビーな曲中心のメドレーもあったりするので、スタバ・レーベル云々と言うのは蓋を開けてみると余り関係が無く、純粋にポールの新作アルバムなのでしょう。ただ、ウイングス末期のアメリカの一部を除いて、EMIに関係するレーベルからまともに離れて作品をリリースする事など皆無だったので、実際にEMI辺りと何があったのかは気になるところではあります。だってビートルズはEMIの宝ですからね。

基本的なマテリアルは前作『ケイオス・アンド・クリエイション~』のプロデューサーであったナイジェル・ゴドリッチ(レディオヘッド、ペイヴメントなどのプロデュースで有名)に「バンドで演奏したマテリアルを使うのは止めましょう」と言われてボツになった物を少し手を加えたり、それとは別に自分で新たに仕上げた物を合わせた物のようで、楽曲によっては『ケイオス~』より古いものもあるとか。

それにしても、前半数曲が軽やかなので、中盤からのヘビーさと意味深なタイトル、歌詞が続く展開はある意味特徴的ですね。やはり近年は離婚問題で悩まされていたのが音楽にもそこかしこに、しかも歌詞などにははっきり出ているようです。実はとても精神的なアルバムかも。

音楽的には意外とクイーンぽいコーラスが出てきたりするのです。前作の「プロミス・トゥ・ユー・ガール」なんかでも多少聴けたようなコーラス・アプローチですかね。かつ前作よりハードな曲が多いので余計にそう感じるのかもしれません。

一聴では中々深いアルバムで、何とも言えない部分もあるのですが、正直当初は苦手だった『ドライビング・レイン』も意地になって何度も聴き返している内に、ポールにしては他に無いモダンなアプローチの冴える曲もあるので最近は気に入っていますので、ゆっくり聴いていこうかなと思います。ただもう少し「エバー・プレゼント・パスト」のような心うきうきするようなポップ・ソングを聴きたかったなと言うのは贅沢かもしれませんね。これだけ短いインターバルで意欲作をリリースしてくれた65歳で現役のポールに感謝しています。もうすぐ誕生日ですね、これからもずっと元気でいてください。そして来日してくださいね。

僕は「フィート・イン・ザ・クラウズ」と言う曲が気に入りましたょ。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://waterlane.blog102.fc2.com/tb.php/21-a7e89a05

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。