2017 . 09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017 . 11
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Run So Far 
「来日とアンソロジー」

george69.jpg

太佑です。引き続きジョージのお話です。
関係ないですがうちのコリンゴちゃんに
「ダイちゃんも”こむばんわ、太佑ダスよ”とか言ってみれば?」
と勧められたのですがそれはリーダーとコリンゴちゃんに
おまかせします(笑)

「ジョージが91年末に来日する」という情報が発表された時は
結構驚いた記憶があります。勿論クラプトンと彼のバンドを
引き連れてと言うのにもそれなりに驚きましたが、それ以上に
ジョージが来日するという事自体にびっくりした記憶があります。

と言うのも、ジョージはこの時点で特に新作も発表していない上、
ソロ活動になってからと言うもの、74~5年辺りに行われた全米ツアーを
除いてはほとんどと言って良いほどライブを行っていなかった
からです。勿論僕はこの事をリアルタイムで知ったわけでは
無いのですが、既にビーヲタな少年でしたので、ジョージが70年代の
全米ツアーを除いてツアーを行っていない事、そしてその全米ツアー
が余り上手く行かなかったと言う事は情報として頭に入っていました。

ポールも89~90年のツアーはウイングス公演で日本で逮捕という
とんでもない結末で終わった80年以来だったのは知ってましたが、
そもそもポールはウイングスで70年代は散々世界を飛び回って
いた訳ですし、90年のツアーだって日本限定とかではなく、
れっきとしたワールドツアーだったわけです。
彼はビートルの中で唯一ライブが「トラウマ」にならなかった
「キャーキャー騒がれるの大好き」な人だったので。。。

それがジョージは日本だけの特別公演だわ、クラプトンも
付いてくるわ、ライブをメインで行うのが10何年ぶりだわで
ビーヲタ少年の僕もたまげたわけですね。

実際の公演は思った以上にビートルズやソロのヒット・ナンバーを
多く含み、それなりに楽しいものでした。ただし、やはり
「ライブが主戦場」であるクラプトンとのパフォーマンスの差は
贔屓目に見ても大きく感じ、真ん中にたった4曲だけあった
クラプトンのナンバーを披露したコーナーが正直に言って
今でも印象に残っています。あと、面白かったのはジョージが
「ピッギーズ」を歌ってた後半に「All Together Now♪」と言って
皆に歌うように煽っていたのですが、それはさすがにビーヲタと
化していた少年でも「それを皆で歌うのは無理だろ~」と
思って聴いていたのを思い出します(笑)。

それでも来日してくれたジョージには本当に感謝で一杯でした。
だってビートルズには決して間に合わなかった僕が2年連続で
ポールとジョージを立て続けに観れるなんて夢にも思いませんでした。
ジョージもライブをやり始めたし、これでまたツアーやアルバムで
元気な姿を見せてくれるんじゃないかしら?と僕は喜んでいました。

しかし、これが本当に最後のライブツアーとなるとは。



この後、『アンソロジー』の一連の新曲や映像で元気なところは
目にしていたものの、特に新作発表やツアーなどは行われないまま
彼は旅立ってしまいました。
後に生前のマテリアルをまとめた『ブレインウォッシュド』こそ
発売されましたが、出来れば生前に彼の手による作品というものが
聴いてみたかったです。

決して彼の全てを追いかけるようなファンではないし、
むしろ彼をきっかけにクラプトンのようなわかりやすいギタリストに
ギター少年として傾倒していった僕ではあるのですが、
彼が映画『ヘルプ!』で見せるあどけない笑顔や、
中期~後期の名曲たち、名作『オール・シングス~』、
そして本当に貴重なものになった「フリー・アズ・ア・バード」
「リアル・ラブ」での共演は永遠のものです。

さて、そろそろ以前に書いていたリレー・テーマ
「ビートルズと12弦ギター」について皆でリレーしてみようと
思います。少し解釈を大きくして、
「ビートルズと12弦と60年代」というテーマで
進めてみましょうかね。それでは。

おまけにジョージ追悼コンサートにおける、ポールとクラプトン共演
による秀逸な「サムシング」の映像を。
ポールが近年のツアーでお馴染みなウクレレでスタートして、
途中からいきなりオリジナル・ヴァージョンに入る瞬間は何度
聴いてもカタルシスがあります。そしてクラプトンの渋い歌に交代。
「ビーヲタ」ジェフ・リンやポールとのコーラスなど痺れます。
実はポールがウクレレで弾いてる時にさりげなく皆がアドリブで
演奏するのですが、これがかなりおいしいです。
ここら辺の適当なアドリブでも格が違うのは
さすがジョージを慕ったスーパースター達ですね。


こむばむわ。川瀬ダスヨ! 
いやぁ、懐かしいだすな~。ついこの間のような気もするけど何気に結構前よね。あの時はこんなに心おきなくビーヲタバンドができるとは夢にも思わなかったよ。

All Those Years Agoは僕なかなか好きなんです。リメイクしてやっつけで作ったのなんだの言われるけど、ジョージっぽいメロにあのビデオクリップ見るとなんだかジーンときてしまうんだすよね・・・。はっ!ビデオが良いのか?(笑)


しかし、この曲でのクラプトンのライブでのギターは神ですなぁ。生で聴きたかった・・・。

ぼくはバンマスと違いジョージの来日見れなかったのは今となってはとても心残りです。当時うちの親父が見に行く気で連れてってもらえるはずだったのですが、「クラプトンならまた見れるか~」の一言でポシャった記憶があります。

こんな所にもジョージの悲哀がある様な気がしてなりません。
アフェリエイトキモス 
そうだすなぁ、もうビーヲタ仲間としてお互いバンドから
敬遠されて8年近く経つんダスお。

一緒に『Nowhere』の「ポール死亡説」記事における
洞察の深さに感心してたのは何年前のことか・・・。

「All Those Years Ago」プロモあったんだね。
リーダーに言われてようつべで初めて観たダスよ(笑)。
いいダスなぁ、あのジョンの写真一杯な感じ。
この曲リンゴにあげる曲だったんだよね?
因みにようつべでは個人で作ったと思われる秀逸な
ヴァージョンもあったダスよ!

実はライブで今でも記憶にある意外な曲が
「Love Comes To Everyone」で、これがきっかけで
この曲が好きになったダスよ。もっとも反応が薄くて
次の日からやらなくなってしまったみたいだけど。。
次が忘れもしない「Old Love」かな(笑)クラプトンの
マイナーギターはネ申だと思いましたね。

ところでアフェリエイトのテストを始めた途端
商売臭いブログになってしまって困ったダスよe-464
something いいね 
この映像グっとくるよね
ジョージの曲は最高ですな

All Those Years Ago は確か
日本公演でやってた記憶があります。

ちなみに ブライアン・ウィルソンの曲で
Girl Don't Tell Me という曲があるんですが、
この曲、ブライアンが彼なりに
レノン・マッカートニーの曲を解釈して作った曲だって知ってましたか?
え?知ってる!?やっぱり!
まんまビートルな所もあっておもしろいです。


 
とみっちさ~ん。

ジョージの事触れてたのでとみっちさんのコメント
お待ちしておりました(笑)。

何かポールとクラプトンとジェフ・リンとかが
並んでるだけでも壮観なのにあのパフォーマンス。
ちょっと感動してしまいました。
クラプトンも最近の活動には余り興味が無いのですが、
「サムシング」を歌うなんて中々感慨深いじゃないですか?

だってね~、パティへのラブソングですもんね~。
何かアレンジ以上に皆がこの名曲とジョージへの
各々の愛情をこのテイクから感じてしまうのですよ。

「ガール・ドント・テル・ミー」、こういうのも
何ですがラトルズちっくなビートルズライク曲ですよね。
カールのビートルズ好きが高じて作られたとか
何とかとか言われてますよね。
あの時期のBB5も外れなしだなぁ~。
ここらは僕よりとみっちさんに語ってもらいたい(笑)

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://waterlane.blog102.fc2.com/tb.php/16-e2da945b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。