2007 . 03 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2007 . 05
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Lucy In The Sky With Diamonds 
「邂逅=思いがけず出会う。巡り合うもの。」

ビートルズとの邂逅というテーマは、本来僕としてはこのブログのネタが息詰まった頃にやろうかなぁと暖めていたのですけど、うちのリーダー(川瀬クン)が早速取り上げてしまい、その内容も決して悪いものではなかったので、まぁそれならいきなり核心的なネタから行きましょうという事で僕も「ビートルズとの巡り合い」をテーマに書いてみようと思います(笑)。そう言えば余り川瀬チャンと僕は厳密に「ビートルズとの出会い」について詳しく話し合ったことが無かったので、「へぇ、そうだったんだ~」と川瀬クンの邂逅編を読んで感心してしまいました。

そうそう、因みにヲタレンのリーダーは川瀬クン、バンマスは太佑と勝手に決めています。

 僕は1975年生まれで、川瀬タソは76年生まれ。学年にして1歳差なので世代的には変わらないのですね。ですから親が団塊の世代と言うやつで、父親なんかは特にビートルズのリアルタイム世代なので、ちょっと若い時アレなお父さんなら先ずビートルズは聴いてるわけですね。

 なので僕の出会いも川瀬君と共通点があります。僕もハマるきっかけになったのは小4位だったと思います。そして最初に耳に入り込んできた曲はビートルズの作品ではなく、ジョン・レノンのソロ作品でした。

 映画『キリング・フィールド』をご存知でしょうか?子供だったので詳しくは覚えていないのですが、恐らくはベトナム戦争を描いた作品だったと思います。ベトナム戦争とは言ってもアメリカ側が勝手に美化したありがちな作品と言うよりは、国境を越えた友情が戦渦でも成り立つか?というヒューマニズム的作品だったと記憶しています。それを父と観ていたのですが、その時のクライマックスで流れた音楽がジョンの「イマジン」だったと言うわけです。



僕は子供で歌詞も知らなかったので、ただ美しくて印象的な曲だなぁと思いました。現在ほど「ジョンと言えば"イマジン"」って感じでそこかしこで聴けるような時代ではなかったので、この曲の持つ「平和思想」的な側面も知りようがありませんでした。この曲が気になり、早速父に

「この曲は誰の曲?」

 と尋ねたところ、すぐに「ジョンの曲だよ」と答えてくれ、遂にこの時が来たと言わんばかりに父の部屋に連れて行かれ、アルバム『イマジン』と、もうEMIが「聖書」(笑)と認定しているビートルズの『赤盤』『青盤』を僕に渡し、「まぁこれを聴けばビートルズが好きになるから」と言われました。洗脳の始まりですね。

 このLP達(CDではなくアナログ盤です)を貰った僕は、早速レコードに針を落としました。でも最初は古き良き「オールディーズ」を聴くような気持ちで軽く聴いていました。実際『赤盤』は僕には古き良き音楽として耳に入ってきたし、何処かで何度か聴いた様な感じで聴きやすく、確かに素敵なメロディが詰まっていました。



ただし、これでも音楽好きの父の家庭で育った僕としては、当事の'80sミュージック(今となっては酷いものが多いですが・・・)も既に聴いていたので(フィル・コリンズ、クイーン、マイケル・ジャクソン等)、それらの先祖的な感じで素敵だなぁという感じでした。

 僕がショックを受けたのははっきり言って赤盤ではなく『青盤』です。何がショックってこんな不思議な音楽はその当時でも聴いた事の無かったです。エフェクトされた(当然そんな事は知りませんが)不思議な歌声と子供にはおどろおどろしく聴こえるオーケストレイション、サビははっきりしない、でも何となく良い曲にも聴こえる「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」。
 
 父が聴き込みすぎて音がひしゃげてしまったのと勘違いするほど変な歌声だったし、歌詞カードを見ても何を歌っているかさっぱりわからなかった(まぁ今でもわかりませんが)「アイ・アム・ザ・ウォルラス」。

 そしてこの世のものとは思えない不思議な音でイントロが聴こえてくる、だけどとても美しい曲である「ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ」。

 もういきなりジョンの飛び道具系の曲にやられてしまったんですね。でもそれだけでなく、末期の教科書に載ってしまうような名曲らしい名曲「レット・イット・ビー」にもノックアウトされてしまいました。普通解散寸前なんて、バンドと言うのは意志の疎通が取れなくて大した作品が作れなくなっていたり、バンドそのものが「下り坂」になっている事が多いものです。それなのに彼らは解散する時期ですら「レット・イット・ビー」のような稀代の名曲を書いてるわけですよ。



もう、正直ビートルズとは何なんだろう?って感じでした。とにかく青盤の衝撃は僕にとっては凄かったです。赤盤とジャケットを見比べても。赤盤の4人は僕も何処かで見たことのあるような「マッシュルーム・カットの可愛い4人」なんですが、青盤の小汚いオッサン達は本当にビートルズなのかと。

 その後、父が自らのライブラリから何かの理由で欠落していた『アビイ・ロード』を買ってくれた訳です。この名作を以ってここまでハマりかけていた自分がビートルズに背を向けるわけがありません。もうB面のメドレーとか夢中ですよ。だって音楽を「シングル」という単位でしか聴いた事の無い子供が、「B面がメドレー」ですよ。興奮するなと言うのが無理ですし、それがとても新鮮でした。古い音楽なのに。

 僕は中学生くらいから本当に身ひとつで中古レコード屋などをふらふらし始める人生が始まってしまうわけですが、それはまた別の機会に。

 でも、それは同時期始まった所謂「バンドブーム」とは相反するもので、当時の同級生の友人たちに何故か「ビートルズが大好き」と言えなくなってしまう苦悩も抱えてしまうわけです。この苦悩は高校に行くまで続いていくことになります。それも含めてその内書けたら書きます。

 川瀬タソとは経緯自体は違うものの、邂逅のきっかけは父だったり叔父だったりと、「親世代がリアルタイム」である事がトリガーになっていると言う点では凄く共通点もあると思うし、ここらが「第3世代のビーヲタは濃い」とか言われてる所以でもあると思うのです。所謂「親子鷹」的ビートルズ信者とでも言うのでしょうか?そして、「ビートルズを基点」としていろんな音楽の良さがわかっていったと言う点でも僕と川瀬ポンの音楽人生は共通点があると思います。

あ、僕ヘヴィーメタルは通ってないですが。

 まぁ軽くネタにしましたが、ヲタレンで一番音楽的にフレキシブルで色々アンテナを貼って良いミュージシャンを見つけてくるのも川瀬サマなのでありますので、その点非常に頼りにしているのですよ。

 次はアイちゃんの番となります。僕らほど濃ゆいビーヲタ話ではなく、女性らしい「素敵なポップソング」を探す嗅覚に優れた彼女のお話も聞いてみてくださいませ。

dai003

太佑


スポンサーサイト
そういえば・・・・・ 
こんばむわ!

何度もブログで5月3日と言ってますが、よく考えてみたら、あまり何の事だかちゃんと言ってなかったので、改めてお知らせさせて頂きます。

なんと!Water Lane Westの記念すべき初ライブの日でございます~!!


以前からお世話になっている大塚のWELCOME BACKさんの

”ビートルズ大会”

に出演させていただきます。

出番は19時頃を予定していますので、このブログを見てうちらに興味を持っていただいた方、ビーヲタな方、ポール好きな方、中田、是非是非お待ちしております。

以上O型の大雑把な告知でしたので(笑)何かご不明な点はご質問ください

kawase003

川瀬

Got To Get You Into My Life 




初めまして。最近抜け毛が気になるヲタレンの川瀬です。

太佑さんから

>3人でリレー式に、都度テーマなどを設けながら書いていきたいと思っております

という提案があったので、ようやくバンドも組めてブログも出来た事ですし、普段の僕の調子とは趣向を変えて、真面目に今度のライブでやらせて頂くビートルズとの出会いなんかを書いてみたいと思います。よかったらお二方リレーして下さいな。


あれは忘れもしない小学校4年生の時の誕生日。叔父さんに「オールディーズ」のカセットをプレゼントで貰ったのがすべての始まりでした。

「She Loves You」最初の1曲でノックアウトでした。イェーイ!イェーイ!イェーイ!「なんてカッコイイ曲なんだ~。」と。



生えそろってないガキンチョでも痺れさせてしまうなんて流石です



そして当時池袋西武で開催された「ビートルズ展」を塾をサボって見に行って彼らに対する気持ちが決定的なものになりました。

「ロマンチック~!」

アルバムも順を追って集めて、ビートルズ本を買って色んな知識を仕入れいっぱしのビートルマニア気取りです。


皆さんもビートルズを聴くとあの頃を思い出すな~というのがあるでしょうが、僕はよく小学校時代を思い出します。電気アンマ懐かしいな~。子供の僕にビートルズの音楽は相当強烈なインパクトがあったんでしょうね。


しかし順調な音楽人生を歩むはずだった僕に予想外の音楽が登場します。HR/HMです。


時代の波といいますか、思春期の衝動といいますか・・・・今考えるとなんとも身の丈に合わない音楽好きだったなァ。と


その後も曲がりくねった音楽人生でしたが、気がつくといつもビートルズは近くにいてくれました。やはり最初に音楽を教えてくれた先生がビートルズというのは僕にとって幸運な事でしたね。

知らないうちに音に対する感性のものさしになってくれたといいますか、ビートルズを聴くことによって他のジャンルの音楽の良さがまた改めて理解できたり、リスナーとして鍛えられたり、そんな所もビートルズの凄い所だな~と勝手に思っています。


今はそんな大好きなビートルズ?の曲を素敵なメンバーで演奏できる嬉しさを味わっています。

もう皆さんは僕のビートルズへ対する愛情はわかって頂いたと思いますので、5月3日はあまり怒らないで下さいね(笑)待ってまーす!

kawase006

川瀬

メンバー紹介 
Water Lane West(ウォーター・レーン・ウェスト)

ビートルズのカバーに加え、ポール(含ウイングス)やジョンのソロ
等もレギュラー・レパートリーに加えているバンド。
ようやっと4人組の編成で”らしく”落ち着いたと思ったものの、
ポール役兼リーダーの脱退と言うビーヲタバンド上最大の危機を
迎えつつも、しばらくはアコースティックなユニットとして来年3月の
ある意味記念ライブに向かって再出発することに。。

ヲタレンはもう少し続いていく・・・

ビートルズはおろか、ポールやジョンの全盛期でさえリアルタイム
で過ごしたメンバーは居ない。
ある者は90年のポール初来日における"アビーロード・メドレー"で
半泣きになり(バンマス)、ある者は『ジョンの魂』で自分の魂を抜かれ(元リーダ、脱退)
ある者は、お洒落ポップの原点として60年代を漁っている内に要素の
一つとして辿り着き(コリンゴ)、またある者はグレッチの遠くて深い
海外個人輸入の旅へと流浪してしまった(MakiMaki)、そんな何処か
届かない想いを、リアルタイムではない視点で見つめていくのが
ヲタレンである。

バンド名の由来はOcean Colour Scene(90年代のUKモッズ・バンド、
ビートルズには直接関係無いが、渋くも息の長い活躍を現在も続ける)
のような息の長いバンドは「水」に関する名前を付けているという
ゲン担ぎと、ウイングスの未発表アルバム『Water Wings』にも
少しだけかかっている。


Members


Daisuke(Band Master)[Vocal,Guitar,Keyboards,Bass]
IMGP1229.jpg IMGP1561.jpg
Position : John
D.O.B : 10/4
Horoscope : LIBRA
Blood Type : A
Favorite : Paul McCartney, Brian Wilson, Tomoyo Harada, Paul Weller etc...
Instruments : Rickenbacker650C,Gibson ES-335, Martin D-28,Rickenbacker4001C64


MakiMaki[Lead Guitar,Vocal]
IMGP1564kk.jpg 070910_000428.jpg
Position : George
D.O.B : 6/20
Horoscope : GEMINI
Blood Type : B
Favorite : John, George, Rolling Stones
Instruments : Gretsch '50s Jet-Firebird, '60s Country Gentleman[Big Mute],
'60s Tennessian×2, Fender"Sonic Blue"Stratcaster, Gibson Les-Paul[Lucy]

Co-Ringo☆[Drums,Percussion]
070503live012 IMGP1753.jpg
Position : Ringo
D.O.B : 2/28
Horoscope : PISCES
Blood Type : O
Favorite : Zombies, Paul, Velvet Underground, The Kinks etc...
Instruments : SONOR&Ludwig, Epiphone Olympic



Former WLW Members & Guests ~元メンバーとゲスト他~

Kawase(元ポール役、リーダ)[Vocal,Bass,Guitar,Piano]
(2004.1~2009.8まで在籍)
IMGP1567.jpg kawasecasino02.jpg
Position : Paul
D.O.B : 9/2
Horoscope : VIRGO
Blood Type : O
Favorite : John, Brian Wilson, Extreme(not switch), Paul, etc...
Instruments : Fender Rosewood Telecaster, Martin D-28, Hofner 500/1

Mikio(幻のジョージ役)
[Lead Guitar,Vocal]
(2007.8に限りセッション参加)
IMGP1476_20091214075625.jpg
Position : George
Blood Type : B
Instruments : Fender Stratcaster Deluxe, Gibson ES-175

Marie[Bass,Chorus]
(2009.12/19ライブに参加)
agent88hirayama04.jpg
D.O.B : 10/14
Horoscope : LIBRA
Blood Type : B
Favorite : Leon Russel
Instruments : Epiphone Rivoli Bass

Takeshi[Percussion]
(2009.12/19ライブに参加)
agent88eguchi07.jpg
D.O.B :
Horoscope : GEMINI
Blood Type : A
Favorite : New Soul, Jazz


Live

ヲタレン前身ユニット”half moon custard”におけるビートルズ大会出演時
(ダイスケと川瀬の二人によるアコースティック・ユニット)


2004年3月20日 大塚Welcomeback 『第21回ビートルズ大会』

daimixi030.jpg kawase006

-Set List-
1.Cry Baby Cry [Vo.ダイスケ]
2.We Can Work It Out [Vo.川瀬]
3.So Bad(Paul Solo) [Vo.ダイスケ]
4.If I Fell [Vo.川瀬]
5.She's Leaving Home [Vo.ダイスケ]
6.I'll Get You [Vo.二人]


WLWデビューライブ

2007年5月3日 大塚Welcomeback 『第38回ビートルズ大会』

IMGP1241.jpg 070503live005
070503live004 IMGP1309.jpg

-Set List-
1.Cry Baby Cry (Anthology Outtake Version) [Vo.ダイスケ]
2.Drive My Car [Vo.川瀬]
3.No Words (Wings) [Vo.川瀬]
4.The Word (Funk Arrange Version) [Vo.ダイスケ]
5.This One (Paul Solo) [Vo.ダイスケ]
6.Dear Prudence [Vo.ダイスケ]
7.I'll Get You [Vo.川瀬]


2ndライブ

2007年7月16日 大塚Welcomeback 『第39回ビートルズ大会』

ryoaidai001.jpg

-Set List-
1.When I Get Home [Vo.川瀬]
2.I Don't Want To Spoil The Party (Motown Arrange Version)[Vo.ダイスケ]
3.Waterfalls (Canadian Power-Pop Version)[Vo.川瀬]
4.SGT.Pepper's (Reprise) [Vo.川瀬]
5.A Day In The Life [Vo.ダイスケ・川瀬]


3rd Live

2007年7月29日 六本木アビー・ロード 『Amateur Bands Day』

PICT0082.jpg
IMGP1470.jpg PICT0108.jpg

-Set List-
1.When I Get Home [Vo.川瀬]
2.I Don't Want To Spoil The Party (Motown Arrange Version)[Vo.ダイスケ]
3.This One (Paul Solo) [Vo.川瀬]
4.Waterfalls (Canadian Power-Pop Version)[Vo.川瀬]
5.SGT.Pepper's (Reprise) [Vo.川瀬]
6.A Day In The Life [Vo.ダイスケ]
-Encore-
7.Dear Prudence [Vo.ダイスケ]

4th Live

2008年10月13日 大塚Welcomeback『第45回ビートルズ大会』

IMGP1800.jpg IMGP1794.jpg
IMGP1776.jpg IMGP1771.jpg
IMGP1765.jpg IMGP1742.jpg

-Set List-
1.Hello Goodbye [Vo.川瀬]
2.Wait [Vo.ダイスケ(川瀬)]
3.I Want To Tell You [Vo.マキタ]
4.Sexy Sadie [Vo.ダイスケ]
5.Another Girl [Vo.川瀬]
6.Sit Right Down [Vo.ダイスケ・川瀬]
7.I'm Only Sleeping [Vo.ダイスケ(マキタ)]
8.The Night Before [Vo.川瀬]


5th Live

2009年12月19日 大塚Welcomeback『第52回ビートルズ大会』

-Set List-
1.Drive My Car (Science Arrange Version)
2.The Word (Funk Arrange Version)
3.I Don't Want To Spoil The Party (Motown Arrange Version)
4.Only Love Remains (Cardigan Arrange Version) [Paul Solo]
5.Come Together (Psychedelic Arrange Version)
6.You're Going To Lose That Girl~Goodnight Tonight (Rare Groove Version)

-WLW Special Edition [Water Vessel]-
Lead Vocal & Lead Guitar : 太佑
Chorus & Bass : 麻里絵
Percussion : 武史
Chorus & Drum : Coringo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。